Lovematch

結婚指輪・婚約指輪について詳しく解説

ダイヤモンド4C

ダイヤモンドには「4C」と呼ばれる等級の評価方法があり、Carat(カラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティー)・Cut(カット)の4つを表わしたもので、これらの頭文字が「C」から始まるためにこの名が付きました。

この評価は国際的に認められたもので、「鑑定書(グレーディングレポート)」によって証明されてます。

それぞれのCについて詳しく説明します。

Caratカラット(重量)

ダイヤモンドの重量を表す言葉。
1カラットは0.2g、1gは5カラットにです。デジタルの天秤などを利用して、1/1,000カラットまで測定することができますよ。

Colorカラー(色)

ダイヤモンドは、黄色みの度合いによってグレード分け(格付け)します。
無色透明の最高級のものをDカラーとし、黄色みが強くなるにつれてZカラーまでアルファベットで表しています。
カラーグレードの違いは驚くほど微妙で、ひとつだけを光に透かしてもわからないほどです。
熟練した専門家が理想的な明かりの下でダイヤモンドをルース(裸石)の状態で見て、初めてその違いがわかるようです。

 

Clarityクラリティー(透澄度)

ダイヤモンドには内包物が含まれており、その内包物の度合いと外部の傷の有無によって11等級に分けられおります。傷などの内包物が少ないダイヤモンドほど光を通して、輝きが高まります。クラリティーのグレードは最高級のものを FL(フローレス)として、以下IF(インターナリーフローレス)VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1…と続いていきます。

 

Cutカット(プロポーション)

ダイヤモンドの魅力を最も引き出してくれるのがカットと言えます!4Cの中で唯一、人の手による加工の評価です。理想のプロポーションに近づくよう、光の屈折率、内部での反射を計算し調整されたことをあらわしてます。カットを、5等級で評価しています。

よくカットとシェイプを勘違いしている人が多いようですが、カットはあくまでもダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表します。

カラー・カラット・クラリティの3つは自然が決めますが、ダイヤモンドに輝きという永遠の生命を吹き込むのは熟練したカット職人の技です。

最新の技術と経験に裏付けされた職人技によって、ダイヤモンドはバランスよくカットされ、光をよく取り込み、きらめきを増幅させ、限りなく価値を高めてくれます。

注目サイト

iPhone修理 千葉

原宿 美容室 メンズ

最終更新日:2018/7/10

 

(c) 婚約・結婚指輪 Allright Reserved.